なぜ背中や腰のハリを感じるの?

こんにちは!港区・白金高輪のサロン ハナムラです。

筋膜の敵は不動(動かないこと)

朝起きたときやずっと座りっぱなしの後、背中や腰にハリや痛みを感じることってありませんか?

私は起床時に「凝り固まってるな〜」と感じるので、仰向けで両膝を立てて左右にパタパタと倒したり、腰を捻ったりしてベッドの上でカラダを動かすようにしています。

長時間デスクワークをする際も、30分に一度は立って歩き、踵の上げ下げや股関節を動かしたりもします。

なぜ、動かないと身体は強張るのでしょうか?

筋膜の観点から見ると、動かないことで、皮膚の下にある筋膜の層が水分が滞る状態になって癒着を起こします。そこで、筋肉と筋肉同士の滑走性がなくなり(滑りが悪くなり)、張った感じがするのです。

筋膜リリース&動くことが効果的なワケ

「筋膜」は外からの刺激(マッサージやストレッチ、フォームローラーやボール等を使っても)や動きで、

  • 1. 微小循環*が起きて、筋膜に潤いが出てきます。
     *毛細血管等の血管系。血液と組織細胞との間の物質交換や体液循環のこと
  • 2. 筋膜内に存在するヒアルロン酸は、動かないときはベトベトと粘性が強くなりますが、刺激や運きによってサラサラな質感に変化します。

→ケチャップを例に取ると、ずっと使わないでいるとベトッと固体に近い状態ですが、振ったりして外部から刺激を与えることで液体状になりますよね!

なので、ずっと不動でいることで強張っていくのは当然のことなんです!

定期的に動いたり刺激を与えて、筋膜に潤いを与えて健康を保つことが大切です!

オススメのセルフケア

そこで、セルフケアでオススメなのが、こちらのギムニクボール。

楽天ショップ でも購入できる、こちらの黄色のソフトタイプは刺激が強すぎず、身体のいろんなところに支えて便利です。
(オレンジの方は、少し硬めです)

椅子の背もたれに置いて背中に刺激を与えたり、椅子の座面に置いて、太もも裏(ハムストリングス)をコロコロしても気持ち良いです。

もちろん足裏や、仰向けに寝てふくらはぎの下、仙骨の下、肩甲骨の間などにもお使いいただくことができます。

また、こちらの”Study Guide Anatomy Trains in Motion”に載っていた運動も気持ちよさそうです。

Study Guide Anatomy Trains in Motionより

ぜひ、背中や腰にハリを感じたら動くこと適度な刺激を与えること、をしてみてくださいね!

筋膜リリースのセルフケアでのコツ

決して強く押す必要はなく、いろんな方向に動かしてあげることが大切です♪

動く時も捻ったり反ったり曲げたり(痛みの出ない範囲で!気持ち良い痛みならOK)

フォームローラーなどで刺激を与える時も一方向だけでなく、横や縦、斜めなどあらゆる方向が良いそうですよ!そして、そんなに強くしなくて良いっていうことが重要ポイントです。

生きている身体は、水々しい!決して、筋膜を力で伸ばすというような感じではないんです!

そして、もちろん、定期的な筋膜リリースのケアもおすすめです!

ぜひサロンでのケアもお試しくださいね!

*ボディケアサロン・ハナムラのサービスはこちら

*ネット予約はこちら

RESERVA予約システムから予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です