トランス脂肪酸って何故ダメなの?

こんにちは、白金高輪のケアサロン・ハナムラです。

脂肪の種類

筋膜(=fascia, ファシア)のことを学ぶと必然と出会うのが、身体を埋める組織“脂肪”

脂肪はどちらかと言えば嫌われ者ですが、エネルギー源となる三大栄養素の一つです(糖質・タンパク質・脂質)。

食べ物から摂取する脂肪には、以下のようなものがあります。

【飽和脂肪酸】

動物性の油やバター等、室温で固体。酸化しにくい

【不飽和脂肪酸】

室温で液状。酸化しやすい

・一価不飽和脂肪酸

オレイン酸(オリーブ油等)

・多価不飽和脂肪酸

  • オメガ6 リノール酸(家庭で使う植物油に豊富。炎症起こしやすい)
  • オメガ3 α-リノレン酸(EPA、DHA等お魚に豊富、くるみ、えごま油、あまに油 )

脂肪摂取時の注意点

普通に生活をしていると、オメガ6を圧倒的に多く摂取することになるので、積極的にオメガ3を摂ることが推奨されています。

理想的には、「オメガ3:オメガ6」の割合が「1:1~4」なのですが、実際、私たちは「1:10~30」も摂取しているのだそうです!

体内での炎症が進む原因の一つです。


青魚やナッツ類、良い油と言われるあまに油やえごま油などですが、注意が必要なのは、不飽和脂肪酸は酸化しやすいこと。

良い油でも、酸化してしまえばもっと毒になりうるので、特に多価不飽和脂肪酸の油を使う場合、開封したらなるべく早く使い切ることが大切です!

ちなみに、体内で酸化してエネルギー源にするので、多価不飽和脂肪酸はエネルギーになりやすいんですね。

脂質は、エネルギー源として効率よく体内に貯蔵でき、また、皮下脂肪は大事なホルモンを出したり(でも内臓脂肪は悪いホルモンを出します!!)、細胞や臓器、神経の構成要素としても欠かせません。

また、お肌の潤いや体温を保ってくれるとても強い味方です。

細胞膜は脂肪で出来ている!

ここで、細胞膜(や細胞)が脂質で出来ているというのが、今日のタイトルでお伝えしたいことのポイントになります。

私たちの身体の中の”中性脂肪”(=脂肪細胞の中にある脂肪そのもの)は、摂取した脂肪から構成されていて、その脂肪の構成は数時間から1日で常に変わっています。

(ちなみに、脂肪細胞自体の数は思春期を過ぎたら殆ど変わらず、もし細胞が壊れたらその代わりの細胞が分裂して増えるだけ。ものすごく肥満になってしまったら増えることはあります)

脂肪を摂取したら、消化吸収されますが、その摂取した脂肪酸の性質は変わりません。

なぜトランス脂肪酸がダメなのか…

つまり、

飽和脂肪酸を摂れば、脂肪細胞に貯蔵される中性脂肪は飽和脂肪酸の性質

多価不飽和脂肪酸を摂れば、脂肪細胞に貯蔵される中性脂肪は多価不飽和脂肪酸の性質

そして、

トランス脂肪酸を摂れば、脂肪細胞に貯蔵される中性脂肪はトランス脂肪酸の性質があります。

トランス脂肪酸は、”不飽和脂肪酸”の化学式を持ちながらも、酸化しにくい構造”で、常温で溶けないギチギチの硬い脂肪酸(多価不飽和脂肪酸は、常温でも液状でユルユルなのが利点でもあるのに、トランス脂肪酸は多価不飽和脂肪酸なのに、ふるまいは飽和脂肪酸。緩々ではなく硬い!っていう性質なんです)。 

摂取した様々な脂肪酸があらゆる細胞の細胞膜も作ることを考えると・・・例

「細胞膜」で考えると:

細胞膜の一個一個の”リン脂質”部分に脂肪酸の足が付いています。

その足(脂肪酸)が違うタイプの脂肪酸によって構成されています。
(図参照:飽和脂肪酸だったり不飽和脂肪酸だったり…)

もし、飽和脂肪酸しか摂っていなかったら、細胞膜はとても硬くキツくなります。なので、リン脂質の間にコレステロールを入れないときつすぎちゃう。

それとは逆に、性質がユルユルな不飽和脂肪酸があると暖簾(のれん)のように必要なものを細胞内に入れてあげられやすいんです(細胞膜が柔らかく動けるんですね)。

→細胞内に必要なものを届ける為に動けることが大切なので

もし、細胞膜がギチギチだとコレステロールを挟む必要がある・・・ということは、細胞膜のコレステロールが増える = 動脈硬化とかも起きやすくなるという怖いことに。

トランス脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸で酸化されやすい上に、ガチガチに硬いっていうことが良くないですし、更に悪いことに、天然の脂肪酸でトランス型はほとんどないので、身体はトランス型が入った時の処理が大変なんです。
トランス型の摂取が多いと、炎症を起こすオメガ6の処理も遅くなってしまうので、炎症も促進されてしまい悪循環ということです。

そんなわけで、トランス脂肪酸が良くないと言われるんですね。

ちなみに、マーガリンが良くないと言われていましたが、今ではファストスプレッドタイプだったり、あまりトランス脂肪酸の含有量が少ないものが市場に出回っているんですよね。

パッケージを確認して許容範囲であれば、選択肢として必ずしも排除しなくても良いと思います。

私自身、フレンチフライが大好きなので、時々市販のものをいただきます。時間がある時はジャガイモから家で作ります^^

中性脂肪は入れ替わりが早いので、昨日食べたものがすぐに、体臭や肌の状態、身体の状態に反映されますので、ご自身の体調と相談して、ストレスのない形での油脂のとり方を考えていきたいですね!

ちなみに!使われなかった脂肪はそのまま身体の中性脂肪になるので、代謝できないほどの脂肪を寝る前に食べる・・・ということは避けたいですね!

(もしどうしても口寂しい時は、糖質を摂るのがオススメだそうです)

*今回の記事の内容は、一部、野溝明子先生のセミナー内容をお伝えしております。 

厳密な用語の使い分けなどは割愛しておりますので、ご了承くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です